まぶしいお日様ときれいな空気を浴びて、とっても甘く健康に育ちました「食用ほおずき」
こちらは小平農園のホームページです

「食用ほおずきジャム」と「生ほおずきが」
7年に1度の天下の奇祭【御柱祭】で有名な
「信濃の国一之宮 諏訪大社」献上品に認可されました。
ブログ・蓼科の風

信濃の国一之宮と呼ばれる諏訪大社は、諏訪市の上社本宮、茅野市の上社前宮、下諏訪町の下社秋宮、下社春宮の
2社4宮からなり、祭神は建御名方神(たけみなかたのかみ)と八坂刀売神(やさかとめのかみ)を祀り、氏子は諏訪地方
の6市町村にわたっています。諏訪信仰は各地に広まっており、分社だけでも沖縄を除く、全国46都道府県に5千社、摂社
末社を加えると1万社以上にもなるといわれています。
今度、その「諏訪大社」から【諏訪大社献上品】のお許しをいただき、諏訪地方の代表的農産物として、全国に発信出来る
ことになりました。昨年『ほのかの夏』がスタートして早1年、だんだん名前も覚えていただけるようになりました。はやく全
国の皆さんに、さわやかな高原の味を伝えて愛していただけたらいいなと思います。

ほのかの夏 What's New

シーズン販売

こんにちは、「ほのか」で〜す。
夏のまぶしいお日様をいっぱい浴びて
蓼科のきれいな空気もいっぱい浴びて きれいなオレンジ色になります。
そんな私を、皆が「とっても可愛いいね!」って言うの!
1本の「ほおずき」の木から何個の「ほおずき」が出来るでしょうか?

 一般に、1本の木から150個くらいの「ほおずき」が採れます。摘果作業や、葉っぱや枝を整理する
ことで、お日様のあたりを良くして、オレンジ色に熟した大きな実が採れると言われます。近隣の栽培
農家は、5軒くらい、約15,000個の「ほおずき」が作られています。

食用ほおずきを産地直送販売

初雪に白く輝く「八ヶ岳連峰」
「食用ほおずき」にはどのような特徴がありますか?
蓼科の自然は美しい、1.2.3.

 ビタミンB群のイノシトールが含まれており、コレステロール値を下げたりします。また、脂肪の燃焼を
促進するため、動脈硬化や肝脂肪障害の防止にも働きがあると言われています。

お味噌・お蕎麦等はこちらから

通年販売